就労ビザ

就労ビザ申請

Work Visa

就労ビザ

就労ビザとは?

外国人が入国したあと、日本に滞在し日本の企業で雇用される場合、または会社経営する場合や役員として働く場合など、日本国内で報酬を得るさまざまな活動をするには「就労ビザ」を取得する必要があります。
「就労ビザ」とは一般的には在留資格を得ることを意味し、在留資格とは入国後に発行される在留資格の種類によって定められた「日本に在留し活動することが可能な期間」を指します。
「就労ビザ」を取得するということはつまり、日本での活動を認める根拠を証明するために必要な資格を得るということです。
私たちは、外国人の方が安心して在留資格申請をし、早く・確実に取得できるように企業や外国人の皆さまをサポートしています。

就労ビザと呼ばれるものには、主に5つの種類があります。

私たちは、外国人の方が日本の企業で働く際に必要な在留資格申請を、速く・確実に取得できるように企業や外国人の皆さまをアシストします。

技術・人文知識・国際業務ビザ

技能ビザ​

企業内転勤ビザ

経営管理ビザ

特定活動ビザ

技術・人文知識・国際業務ビザ
技能ビザ​
企業内転勤ビザ
経営管理ビザ
特定活動ビザ

就労ビザ申請を当事務所へ依頼するメリットは?

就労ビザ申請は、かなり複雑で手間がかかります。しかし当事務所では、申請取次行政書士による「申請書類の作成・就労ビザ申請の手続き」の一括サポートを行っています。事前の相談があれば、計画的な採用活動を行うことが可能となります。もちろん、アフターフォローも万全です。外国人を採用した後の注意点など、的確なアドバイスを行います。さらに経営管理ビザに関しては、会社設立も含めてアシストするなど、様々なメリットがあります。

就労ビザ取得の要件(条件)

誰でも簡単に就労ビザを取得できるわけではなく、就労ビザの種類ごとに、様々な要件があります。

学歴要件

就労ビザを取得するためには様々な要件がありますが、その1つが学歴要件です。大学や大学院、専門学校など教育機関で学び、卒業資格を有していることが必要となる場合があります。また、技術・人文知識・国際業務ビザにおいては、大学や大学院、専門学校などで専攻した分野と就労する仕事に関連性があることが重要なポイントになります。専攻した分野と就労する仕事に全く関連性が無い場合には、要件を満たしていないのでビザが取得できないこともあります。

実務経験

外国籍の方が働くために日本へ滞在場合はパスポートの他にビザを取得する必要があります。ビザとは入国を希望する日本以外の入国希望者へ審査を行い審査をクリアした方のみにビザが発行されます。 就労ビザには主に5つあり、「技術・人文知識・国際業務ビザ」「技能ビザ」「企業内転勤ビザ」「経営管理ビザ」「特定活動ビザ」です。取得したい技能により必要な実務経験期間は異なります。その中の技能ビザは主に料理人の方が対象になります。10年以上の実務経験期間、タイ料理人のみ5年間の実務経験期間が必要となります。

会社と外国人就労者の契約

就労ビザは、誰でも簡単に取得できるわけではありません。各就労ビザごとに、様々な要件を満たす必要があります。その中でも、「会社と外国人就労者の契約」という要件は、かなり重要です。なぜなら、外国人労働者の人権や生活に関係しているからです。まず、最低限の要件として、雇用契約書を結ぶ必要があります。口約束は不可です。また、同程度の職務を行う日本人が同じ職場にいれば、その日本人と同等以上の給与水準にしなければなりません。こうした要件を満たした上で、初めて就労ビザが取得できます。

財産要件

就労ビザの取得要件には様々なものがありますが、財産要件も含まれています。出資して法人の経営者になると、「経営管理」という在留資格になりますが、この場合は500万円以上の出資金が必要となります。これは、受け入れ企業の安定性を確認するためです。さらに、受け入れ企業の収益性を測るためでもあります。受け入れ企業は外国人労働者に、日本人と同等以上の給与を支払うことが義務付けられていますが、その水準を満たしていることは必須条件といえます。

学歴要件

就労ビザを取得するためには様々な要件がありますが、その1つが学歴要件です。大学や大学院、専門学校など教育機関で学び、卒業資格を有していることが必要となる場合があります。また、技術・人文知識・国際業務ビザにおいては、大学や大学院、専門学校などで専攻した分野と就労する仕事に関連性があることが重要なポイントになります。専攻した分野と就労する仕事に全く関連性が無い場合には、要件を満たしていないのでビザが取得できないこともあります。

実務経験

外国籍の方が働くために日本へ滞在場合はパスポートの他にビザを取得する必要があります。ビザとは入国を希望する日本以外の入国希望者へ審査を行い審査をクリアした方のみにビザが発行されます。
就労ビザには主に5つあり、「技術・人文知識・国際業務ビザ」「技能ビザ」「企業内転勤ビザ」「経営管理ビザ」「特定活動ビザ」です。取得したい技能により必要な実務経験期間は異なります。その中の技能ビザは主に料理人の方が対象になります。10年以上の実務経験期間、タイ料理人のみ5年間の実務経験期間が必要となります。

会社と外国人就労者の契約

就労ビザは、誰でも簡単に取得できるわけではありません。各就労ビザごとに、様々な要件を満たす必要があります。その中でも、「会社と外国人就労者の契約」という要件は、かなり重要です。なぜなら、外国人労働者の人権や生活に関係しているからです。まず、最低限の要件として、雇用契約書を結ぶ必要があります。口約束は不可です。また、同程度の職務を行う日本人が同じ職場にいれば、その日本人と同等以上の給与水準にしなければなりません。こうした要件を満たした上で、初めて就労ビザが取得できます。

財産要件

就労ビザの取得要件には様々なものがありますが、財産要件も含まれています。出資して法人の経営者になると、「経営管理」という在留資格になりますが、この場合は500万円以上の出資金が必要となります。これは、受け入れ企業の安定性を確認するためです。さらに、受け入れ企業の収益性を測るためでもあります。受け入れ企業は外国人労働者に、日本人と同等以上の給与を支払うことが義務付けられていますが、その水準を満たしていることは必須条件といえます。

上記に挙げた、要件は就労ビザ取得要件のほんの一部です。
豊富なノウハウを持つ『長崎での外国人ビザ申請サポートセンター​』へ是非、ご相談ください!

〒852-8135
長崎市千歳町6-22 中林ビル3F
TEL:095-801-4622
営業時間:平日9:00~17:00 休/土日・祝日