永住ビザ

永住ビザ申請

Permanent Visa

永住ビザ

永住ビザとは?

外国人が母国籍を有したまま日本で生活することを可能にするのが「永住ビザ」です。このビザを取得することで就・転職や会社の設立等が自由に行えるようになるので、日本国内での活動の幅が大きく広がります。その他ビザ更新の手続きが不要になったり、銀行からの借り入れが受けやすくなる等のメリットも生じます。

またこのビザの在留資格は配偶者との離婚や死別により消失することがないので、日本に住み続けたいと考える外国人の多くが手に入れたいと願う資格の一つであると言えるでしょう。

永住ビザのメリット

永住ビザの申請は難しく申請書の作成や手続きが複雑ですが、永住ビザを取得すれば面倒なビザの更新手続きは必要ありません。
さらに配偶者と離婚や死別をしても、在留資格を失わないため、就労や転職など自由な活動が可能です。
永住ビザを取得することで銀行の借入など、ローンを受けやすくなる利点もありますし、配偶者や子供がいる場合は永住ビザの申請の要件が緩和されるのも大きなメリットです。ただ取得には要件がありますので、しっかりと確認して申請する必要があります。

面倒な「ビザ更新の手続き」が不要になります。

自由に活動ができるようになります。

就労・転職、会社の設立を自由に行うことができます。

就労・転職、会社の設立を自由に行うことができる

たとえ配偶者と離婚や死別しても、在留資格を失うことがありません。

銀行の借入(ローン)がしやすくなる

配偶者や子供の永住ビザの申請の要件が緩和される

「永住ビザ」取得の要件(条件)

誰でも簡単に帰化できるわけではなく、日本にある程度住んでいて、今後も日本に住み続けることができる方に限られます。

住居要件

永住ビザを取得するための住居要件には、引き続き10年以上日本に住んでいることが挙げられます。この場合には継続して日本に住んでいることが求められており、海外赴任などで3ヶ月以上外国に行っている場合には当てはまらなくなってしまいます。また、その10年以上の期間のうち、就労資格ビザを保有して5年以上日本に住んでいることも求められます。必ず就労資格ビザを持っていることが条件とされ、留学ビザは当てはまりません。

生計要件

生活要件とは、日本で生活できる収入があるかどうかの判断をします。明確な基準は公表されていませんが、個人の収入(単身者)では、年収で約300万円が基準となるようです。家族全体では、世帯収入として考えてもらえるためプラスの影響があります。扶養家族がいる場合は1人につき年収で60~80万円ほど増やす必要があります。 これらはあくまでも目安としての金額なので、他の条件と合わせて永住許可が認められるかどうか審査されます。

素行要件

永住ビザは日本に住み続けたいと考えている外国人にとってはメリットの多いものですが、誰にでも簡単に取得できるわけではありません。このビザを取得するためには住居要件や生計要件を満たしている他に、素行要件もクリアする必要があります。素行要件とは「まじめに生活しているか」を判断する項目であり、この要件を満たすためには税金や年金・健康保険料等をきちんと納めていることや、交通違反等法律に抵触する行いをしていないことが求められます。

申請する際のビザ要件

永住ピザ取得には住居要件が必要で、継続して10年以上日本に住み続けて、3ヵ月以上もの間、外国に行っていない状態にあることです。それと留学ピザではなく、就労資格ピザでもって5年以上住んでいることを必要とします。 生計要件には日本で暮らしていける収入があるかどうか、税金や年金、健康保険料をしっかり支払っているかなどの素行要件を満たしているかも必要です。他にも申請する際のピザ要件も存在し、期間が3年以上であることも必要になります。

「永住ビザ」取得の要件(条件)

誰でも簡単に帰化できるわけではなく、日本にある程度住んでいて、今後も日本に住み続けることができる方に限られます。

住居要件

永住ビザを取得するための住居要件には、引き続き10年以上日本に住んでいることが挙げられます。この場合には継続して日本に住んでいることが求められており、海外赴任などで3ヶ月以上外国に行っている場合には当てはまらなくなってしまいます。また、その10年以上の期間のうち、就労資格ビザを保有して5年以上日本に住んでいることも求められます。必ず就労資格ビザを持っていることが条件とされ、留学ビザは当てはまりません。

生計要件

生活要件とは、日本で生活できる収入があるかどうかの判断をします。明確な基準は公表されていませんが、個人の収入(単身者)では、年収で約300万円が基準となるようです。家族全体では、世帯収入として考えてもらえるためプラスの影響があります。扶養家族がいる場合は1人につき年収で60~80万円ほど増やす必要があります。
これらはあくまでも目安としての金額なので、他の条件と合わせて永住許可が認められるかどうか審査されます。

素行要件

永住ビザは日本に住み続けたいと考えている外国人にとってはメリットの多いものですが、誰にでも簡単に取得できるわけではありません。このビザを取得するためには住居要件や生計要件を満たしている他に、素行要件もクリアする必要があります。素行要件とは「まじめに生活しているか」を判断する項目であり、この要件を満たすためには税金や年金・健康保険料等をきちんと納めていることや、交通違反等法律に抵触する行いをしていないことが求められます。

申請する際のビザ要件

永住ピザ取得には住居要件が必要で、継続して10年以上日本に住み続けて、3ヵ月以上もの間、外国に行っていない状態にあることです。それと留学ピザではなく、就労資格ピザでもって5年以上住んでいることを必要とします。
生計要件には日本で暮らしていける収入があるかどうか、税金や年金、健康保険料をしっかり支払っているかなどの素行要件を満たしているかも必要です。他にも申請する際のピザ要件も存在し、期間が3年以上であることも必要になります。

※次に示す外国人は、日本で住んでいる期間の要件が緩和されていますので、詳しいことはお問合せ下さい。

「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「特別永住者の配偶者」の方

「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「特別永住者の配偶者」の子供

「高度専門職ビザ」を持っている方 ※高度専門職ビザを取得すると「永住ビザ」への変更に有利です

「難民認定」を受けている方

〒852-8135
長崎市千歳町6-22 中林ビル3F
TEL:095-801-4622
営業時間:平日9:00~17:00 休/土日・祝日