家族滞在ビザ

家族滞在ビザ申請

Family Visa

家族滞在ビザ

家族滞在ビザとは?

家族滞在ビザとは、短期ではなく、ある程度長期にわたって日本で仕事をする外国人が、配偶者や子供などを日本に呼ぶ際に必要とするビザのことです。一般的に文化活動や技能習得活動など、様々な条件に当てはまる在留資格を持っていることが条件ですが、留学する場合でもビザの取得が出来る場合もあります。
しかし、家族ビザが取得出来るのは、申請人に扶養されている配偶者と子どもであり、両親などは含まれません。また家族ビザで就職することは認められておらず、もし働きたい場合は新たに別の許可申請をする必要があります。

「扶養を受ける」とは?

家族滞在ビザは、正規の在留資格を持って国内に滞在する者の扶養を受ける家族に対して発給されるビザです。具体的には、夫婦の一方が滞在する場合のその配偶者、あるいは子供などが該当します。ここでいう「扶養を受ける」とは、夫婦であれば原則として滞在者と同居して経済的な依存関係にあり、子供であれば滞在者の監護・教育下にあることをいいます。年齢要件は設けられておらず、たとえば20歳以上の子供でも該当します。ただし自ら収入を得て、経済的にも独立している場合は除かれます。

配偶者は、現在扶養を受けていること

子供は、現在監護・教育を受けていること

申請のポイント

家族滞在ピザを利用する際には、扶養者が扶養の意思をもち、扶養することが可能な資金的裏付けを持っていることが認められることが必須です。なお、その際ビザ申請が行える配偶者には、内縁の者は含まれません。

また、特定活動で認められるケースもありますが、基本的に外国で有効な形で成立している同性婚も対象に含まれません。一方で、子供に関しては成年に達している子や養子、認知された非摘出子も含まれます。

さらに、もうひとつの申請時のポイントとして、家族滞在ビザを利用できるのはあくまで妻や子供を日本に呼び寄せようとするときに限られる点があげられます。つまり、このビザを使って両親を呼び寄せることはできません。

〒852-8135
長崎市千歳町6-22 中林ビル3F
TEL:095-801-4622
営業時間:平日9:00~17:00 休/土日・祝日